私は、6年ほど前に購入した中古マンションに住んでいます。
以前リフォーム関連の業者が突然やってきました。

 

その業者の営業マンは、「工事に関するご連絡がありますので玄関までお願いします」とインターホン越しに言いました。
リフォーム業者とは気づかず、てっきり周辺で工事があって騒音が出るので申し訳ありませんというような内容だと思ったのです。
以前もそんなことがあったからです。ところが玄関ドアを開けてみてから違うことがわかりました。業者の訪問勧誘だったのです。

きっと玄関まで引き寄せるためにわざと勘違いさせるようなことを言ったのでしょう。
そして、どこからそんな情報を知ったのかは知りませんが、私がまだこのマンションに来てからそこまで年数が経っていないということを知っていました。

 

「リフォーム済みのマンションを購入されたと思いますが、浴槽はリフォームされていないと思うので古くなっている可能性がある。無料なので一度浴槽を点検させてほしい」などと言ったのです。
もちろん断りましたが、無料なのになぜ断るんだみたいな表情をその営業マンはしました。
これもよくある手で、以前もしつこい勧誘を受けた時、こういう顔をした営業マンがいました。
まるで断る方が間違っているみたいな印象を与えて、自分の要求を通そうとしたのでしょう。

 

ややこしかったので、「今は忙しいから」と言って断ろうと思いましたが、この断り方ではまた後日来る可能性があると思いました。
実はかなり以前に訪問販売に来た業者に「今は忙しい」という断り文句をしたら、それから何度も訪問された経験があったからです。
忙しくない時ならいいという解釈をされては大変ですから、そんな経験もあったのでその時はきっぱり断りました。

 

本当はインターホン越しに断るのが一番いいのですが、そういった事情で思わず話を聞くことになってしまったことは失敗でした。
しかし、有無を言わさずきっぱり断ったので、それから二度とその業者は来ることはありませんでした。

 

断り方

相手は会話できる状態に持ち込もうとします。
玄関には出ずに、インターフォンで断る方が、断ることが苦手な人でもしやすいと思います。
しかしたとえ会話するはめになっても、きっぱり断れば大丈夫です。
あやふやな態度は付け込まれるので、最初にしっかり断ることを意識してください。
もし自分で処理できなくなったら、助けを呼べばいいと思います。