平日の夕方、会社でこき使われて疲れて帰社し、そのまま子どもを幼稚園まで迎えに行き、息つく暇もなく夕食の準備をしているところへ自宅のインタホンが鳴り、ちょっとイライラしながら出てみると、わりとイケメンの男性が玄関前に立っていて、この町内周辺を回っている、素敵なお家だと思い声をかけさせてもらった、とてもおしゃれなお家ですね、等言われ、褒められて悪い気はしなかったですがこれは何かあるなと思い、「ありがとうございます。で、何ですか?」と尋ねたところ、実はリフォーム会社の社員で、営業をして回っている。屋根等のリフォームをいかがかと思いまして、とのことでした。

我が家は一流ハウスメーカーが建てた立派な家のため、こういった民間のリフォーム会社ではリフォームが難しいだろうとは思っていたので、「うちはリフォーム等は全く考えていませんので、他をあたってください。何かあれば建ててもらったハウスメーカーに言うので」と言って断りました。ついでに「素敵な家というのは言われ慣れていますので、もっと別の褒め方をお願いします」と言ってやりました。その営業さんの顔がひきつっていたのを、私は見逃しませんでした。

夜、子どもを寝かせたひと息ついたときにもらった胡散臭い名刺に書いてある社名をネットで検索してみたら、「この社名の営業が勧誘にきたら注意!」のようなコメントがあったので、とても怖くなりました。相手の機嫌を損ねるような、結構余計なことを言ってしまったりしたので、仕返しされないか怖くなりましたが、あれから1年以上経過する今現在、何もありませんのでひと安心です。

こういったことも踏まえ、家づくりなど大きな買い物をする際は、信用できる工務店やハウスメーカーにお願いするのが安心だと痛感しています。それに「リフォームの相談は、メーカーさんにしますので」という逃げのセリフも使えます。世の中、たくさんの誘惑や迷うこともありますが、これからも自分と家族の身を守れるようにありたいと思っています。

断り方

開口一番「素敵なお家ですね」「お庭がきれいですね」等、いきなり褒めてくる人ほど怪しいなとは思います。そうして褒めて人を気分良くさせて、リフォーム等の勧誘をしようと思っているのかもしれませんが、「素敵なお家というのはよく言われることで聞き飽きましたので、別のコメントをお願いします」と言って相手を困惑させて追い払うのがいいかと思われます。