わが家ではパソコン購入を機に従来の電話回線からインターネット回線を開設して利用していました。詳しくないので家電店でキャンペーンしていたプロバイダーを契約しての利用でした。

 

その後またパソコンを買い替え、その時のキャンペーンで回線とプロバイダーを家電店のお勧めに乗り換えたりして利用し、キャンペーン価格での利用などお得に利用していました。それでも割引期間が過ぎると毎月の支払いが高くなるので、プロバイダーでのプラン変更などを検討していました。

 

ちょうどそのころに自宅に電話がありました。
インターネット回線とプロバイダーが一体化したもので、価格も安くなり、今なら乗り換えキャンペーンなので現在の回線やプロバイダーの解約に価格費用も負担するというものでした。

 

最初はネット回線かプロバイダーの会社がやっているキャンペーンだと思い話を聞いていましたが、全く関係のない会社ということが分かりました。せっかくの電話なので仕組みについては説明してもらい、回線とプロバイダーを1本化することのメリットなどは理解できました。

 

ただ、その説明の中で利用する回線やプロバイダーについての詳しい話が無かったので不思議に思いました。
これまでは例えば大手のプロバイダーなどのキャンペーンがあれば、どの会社の新プランというように分かったものですが、この電話では安くなる仕組みは説明するものの、肝心の媒体についての説明がありません。そこで何度か質問をしてようやく〇〇というプロバイダーを利用することになるという話が聞けました。聞かない名前の会社だったので不安を感じました。

 

そこで今度はその会社からのキャンペーンなのかと聞くと、電話しているのは「代理店」ということで、その会社の名前も聞いたことがありませんでした。仕組みは分かったものの、不安な部分が多かったので、考えてみるということで電話を切り、自分で検索してみました。

 

やはりあまりいい内容ではないようで、解約金負担というのも守られないことが多いようでした。そのまま放置していたらまた電話があり、加入を決められましたかという勧誘だったので、調べたことを言うと面倒そうなので、今の会社のプラン見直しで価格が下がると言われたので数年は乗り換えの予定が無くなったと伝えて終わりにしました。

 

その後は連絡はありません。

 

断り方

最近は家庭にネット環境の有る場合が多いので、安くなるなら良いと思いがちです。
それでもいきなり知らない会社からいい話というのは用心したほうが良いです。
勉強と思って話を聞くにしても、自分の家の状況などは「詳しくない」としてあまり伝えないほうが良いです。
とりあえず「考えます」と言って電話を切り、また連絡があれば「家族で決めました」など自分以外に決定権があるような言い方で断ると良いです。